『思い出をカタチに』リメイクとリフォームのお店
  • ちいさな天才・お絵描き刺繍
  • リメイク・思い出のユニフォームをクッションカバーにリメイク

ストーリー

STORY リステッチとみなさまのお話し

STORY

リステッチとみなさまのお話し

苦しいとき、辛いとき。これを見て思い出してほしい。
卒業生へ贈る、恩師の武具で仕立てた筆入れ。

贈られた筆入れ。表は袴、裏に胴着という組み合わせで仕立てられています。

ちくま剣道育成会(長野県・千曲市)では、4月に卒業生を送る会が行われ10名 の生徒さんがこの教室をご卒業されました。

その際に贈る記念品として、講師である坂口先生(剣道教士七段)より、リメイクのご依頼を承りました。
それは先生の袴と胴着で仕立てる名前入りの特別な筆入れでした。
この初めての試みにも、保護者のみなさまは、思い出になると喜ばれ賛同くださったそうです。

「きっかけは「着ていない袴はどうしているの。リメイクはどう?」という友人の 一言からでした。
眠らせているものはたくさんある、それも武州正藍染の貴重な武具。
加えて生徒と剣を交え汗を流したものであることに意義がありました。

さて、何に仕立ててもらおうか。
それは、すぐに決まりました。
剣道で体を鍛えながらも勉学にも励んでほしい“文武両道”の思いから筆入れになりました。 ここには、前へ前へと進むことで“勝ち虫”とされるトンボの刺繍も添えられました。

依頼主の坂口先生です。筆入れはご自身でも愛用されているそうです。

「この先、苦しいことや辛いときはこれを見て、これまでの稽古を思い出して勇気 を出してほしい。何かあっても原点に戻るんだよ。」

これは、坂口先生の師の教えである「直心(じきしん)」を意味します。
要約すると直心とは、「生まれたままの赤ちゃんのような素直な心」のことで、子どもたち が友を大切にし、未来に向かって立派な人になってほしいとの願いが込められます。

筆入れを手にした坂口先生からは、「思いを形にして生徒へ残せたことがい嬉し い、それにすごくかっこいいね」と感謝の言葉をいただきました。
また贈られた生徒さんは、「先生、グー!」と親指をみせて喜びを表し、 「大切に使わせていただきます」と話してくださったそうです。

きっと思い出に残る素敵な会になったのでしょうね。
卒業生のみなさま、ご卒業おめでとうございました。
また、ちくま剣道育成会のみなさま、素敵なリメイクをありがとうございました。

●リンク
坂口先生の「生涯剣道」という投稿記事がこちらにございます。
ぜひご覧ください。
https://www.waigayaclub.com/article/kendo
ちくま剣道育成会:http://chikumakendo.naganoblog.jp/


遺された親父のジャケット、さてどうする?

当サイトの運営会社であるフレックスジャパン(株)の相談役、 矢島久和さんがこの1月30日に93歳で亡くなりました。

息子である現社長の矢島隆生さんより、お父様のジャケットのリメイクを承りました。

こんなことだったそうです。

“ 箪笥の前にポツンと掛けられたままの父のジャケットを目にした瞬間、深い寂寥感に襲われました。
そうだ、このジャケットをリメイクしてもっと深く悲しんでいるお袋の身近に置けるものにしてやろうと思いつきました。
「これで親父の遺品は生き返る」と思ったとたん、寂寥感からすっと解放された。
人間の感情は不思議なものですね。“

後日、リメイクされた衣装を着た熊のぬいぐるみを手にしたお母様は、「まあ、かわいい」と子供のような笑顔を見せられたそうです。

直接お気持ちをお聞きしたく、お母様のお話を伺ってきました。

お父様のジャケットをぬい服にリメイク。愛らしいぬいぐるみに。

“「お父さんが帰ってきた」と思いましたよ。
だから主人がいつも座っていたここに座らせているんですよ。
似てないけど主人に見えてしまってね、不思議です。
いまでは、出かけるときに「留守番しててね」とか、「ただいま」と話しかけていますよ。”

そう、隣に座るぬいぐるみを優しく見つめながらお話しくださいました。

伺った日はとてもお天気が良く、お庭の杏子がとてもきれいな花を咲かせていました。

杏子の花も見せてあげました。今朝はね、牡丹の芽を一緒に見たの。」と、季節の移り変わりも一緒に楽しんでおられました。

思い出が蘇り時折涙ぐまれるも、“心の慰めになっています”という言葉がありました。
ご主人は、いつもそばにいる。まさにお父さんが帰ってきたのですね。そこに素敵なご夫婦の姿を見た気がしました。

最後は、「あれ、きょうお父さん威張っているわね。」と、笑顔を見せてくださいました。


夏用のぬい服も仕立てました。

相談役にとても懐いていた孫娘さんは、お通夜の夜に長い手紙を書き、声に出して読み上げてから棺に入れられていたそうです。
バック類にリメイクされたものの一つは、この孫娘さんの手にもこれから渡されます。
さて、受けとった孫娘さんはどんな風に、おじい様のジャケットから作られたバッグをお使いになるのでしょう。

ところで相談役が残していった人生最後の写真は、ちょっと凄い写真です。
詳しくは社長が綴った追悼文「父と森将軍塚古墳」と合わせてご覧ください。

https://www.waigayaclub.com/article/toukou_cap


孫娘さんに贈られるリメイク品。

社会人5年目に初めて作った
オーダースーツをお直し。
『M. O様』からお預かりしたパンツのお直し例をご紹介。

傷みも激しいものでした。
でも、ここまで大事にされるのには、きっと理由があるはずと、修理スタッフも気を引き締めて作業に取り掛かりました。

お直しが終わり、『 その後いかがですか? 』とお伺いしたところ、『修理後、複数回着ておりますが、なんの不自由もございません、本当にありがとうございました』というお返事と、こんな素敵なお話をいただきました。

「実は社会人5年目の中堅に差し掛かった頃に、初めてオーダーで作ったスーツの下なんです。長く着られるようにと、しっかりした生地を選んだので値段もそれなりにしました。当時は買い方に慣れていなかった事もあり、替えズボンを頼むのを忘れ、上下スーツ1着で購入してしまいました。案の定、2年が経過した頃にパンツのポケット辺りがほつれ始め、股下が擦れて、それ以降着ることができなくなってしまいました。上着は全く傷んでいないし、サイズもピッタリだったので、どうにも捨てるのが勿体なく思い、クローゼットの奥にしまい込んだままになってしまって…
今回、ダメ元で依頼したパンツを見事に復元して頂き、7年ぶりに、一度は諦めかけたスーツに再び袖を通してみて、当時の社会人としての意気込みや、必死に働いていた自分の姿を思い起こす事ができま した、すっきりしました。」

きちんと手入れされた革靴が新品の時より素敵に見えるのと同様、洋服も継ぎ当てや補修した跡が見えても、それを大切に着続けようとする持ち主の心の豊かさこそが素敵に感じられます。服を修理させて頂いただけで、心のモヤモヤまですっきりしてもらうことができて、私たちまで感動を頂きました。改めて『 直して着続けるって、カッコイイ 』 そんな心豊かなライフスタイルが定着してほしいです。

「全国大会行くぞ!」
少年野球で頑張る息子の絵を刺繍に。
kenjiパパが、夢を実現しようと頑張る息子へ贈った、刺繍クロスのご案内。

野球のキャラクターに出てきそうな、愛らしいキャッチャーの絵が届きました。そこに書かれた「全国大会行くぞ!」の言葉からは、強い思いをが伝わってきました。お届けの際、すこしお話を伺ったところこんな素敵なお話をいただきましたのでご紹介します。

「わが家は野球一家です。父親の私はチームの監督で、今回絵を描いた次男もお兄ちゃんの背中をおって、幼いころから野球をはじめました。いまでは「全国大会に行くぞ!」と、毎日練習を頑張っています。そんな次男が描いた絵を、リネンクロスに刺繍してもらいました。

実は、昨年、全国大会への出場が決まっていたのですが、コロナで大会が中止になってしまいました。息子はもちろん、チーム全員が大きなショックを受けました。

ある時、息子が描いた絵を目にすると、そこに“全国大会行くぞ!”という目標がかいてありました。私は、この思いを残したいと思いました。そこで何かいい方法はないかと探したところ、お絵描き刺繍にたどり着き、今回クロスに刺繍をしてもらいました。

出来上がりをみた息子はとても喜んでおりました。このクロスでお弁当包み、練習に持って行っています。母親からは、大変だったお弁当作りも、これを見ると自然に気合が入り、おにぎりも硬くなり、おかずの量も増えるそうです。

また刺繍にしたときの印象がよく、さらに愛着がわきました。次こそは全国大会出場の夢を叶えてあげたいと思いました。なにより、こどもの絵の刺繍がきっかけとなり、家族みんなの気持ちが一つになりました。」

夢を追う息子さんと、それを応援するお父さんの気持ちがカタチに。
あたたかいエピソードに触れさせていただき、本当にありがとうございました。

Information